知っておきたいシアリスの副作用

自分に合った薬を使おう

精力剤や勃起サポート薬は、自然な勃起を促してセックスを楽しむことができるので若者から中高年まで幅広い世代の男性が使っています。
しっかり効果が出れば勃起不全を克服して今まで通りの性行為を続けたり、一晩に何度も行ったり、自分に自信を取り戻して彼女や妻を喜ばせたりすることができますが、相性の合わない医薬品を使ったり体質に適さない成分が入っていると、顔が赤くなったり心拍数が上がるなど体の異常を感じることもあります。

副作用の少ないシアリス

シアリスは従来のED治療薬に比べると比較的副作用が少ないのが特徴です。
水に溶けない性質の有効成分が使われているので、体内に入ったとき急激に血液中に浸透して巡るのではなくゆっくりと効果が出て、長時間緩やかに作用するタイプの薬です。
勃起をサポートする効果が緩やかに続くため、体内で急激な変化が起こることもなく他の精力剤やED治療薬のように火照ったりのぼせたり、心拍数がいきなり上がって動悸が激しくなるなどの症状を回避できます。

それでも全く副作用が出ないわけではなく、人によっては軽い頭痛が続いたり、関節の痛みを感じたり、胸やけに似た症状があらわれたりすることがあります。
顔の赤みや火照りも報告されていて、ほとんどは軽度の症状ですが稀に急なのぼせ、息切れなどが起こるケースも見られます。
胃の中に長時間成分が残るので、消化不良や軽い吐き気などを感じる人もいます。
勃起を妨げる原因となる酵素に働きかけることで自然に勃起できるようになる仕組みの薬なので、胃腸関係の臓器に作用して異常が起こることも考えられます。
血流がアップするとどうしても赤らみや火照りが生じる人もいて、目の渇きや鼻づまりなども起こります。

異常を感じたら医療機関に

シアリスを服用しても全く副作用が起こらず快適に過ごせるという人もいれば、頭痛や胸やけを訴えたり後から胃の調子が悪くなったりする人もいるので、必ず症状が出たり出なかったりするとは言えません。
使ってみて何も問題がなければそのまま使用を続けられますが、もし何か体の異常を感じたり極端に気分が悪くなったりしたときは、速やかにクリニックや内科などを受診して専門家の診察を受けるようにしましょう。
特に自己判断でシアリスを購入して使っている人は、体質に合っているかわからず有効成分の含有量が多すぎることも考えられるので、最初は慎重に服用することが大切です。
上手に使えば驚異的な持続力を発揮して勃起をサポートできる薬なので、シアリスの副作用についても理解しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です