メガリスの効果について

ED治療薬のメガリス

メガリスとは、インドの製薬会社マクレオーズ社によって製造販売されているED治療薬です。
有効成分のタダラフィル含有量は10mgと20mgの2種類が存在し、ED治療を目的とするならば20gm、性交の満足度を高める目的ならば10mgで問題ありません。
含有量が多ければ効果が高まりますが、同時に副作用が現れやすくなるので自らの状態に合わせた含有量を選ぶことが大切です。
有効成分のタダラフィルは、先発薬として日本で販売されているED治療薬と同じです。
勃起障害の原因となる酵素やPDE5を阻害する効果があり、性交に必要な勃起を誘発することができます。
ED治療薬には様々な種類があり、タダラフィルは即効性は他の種類ほどではないものの持続性に優れるのが特徴です。
一度服用すれば、最長でも36時間の効果が期待できます。

メガリスはジェネリック薬

メガリスジェネリック医薬品のため、同等の成分の先発薬よりも安価に購入することが可能です。
一般的に先発薬の20mgが1錠あたり2,000円程度の費用がかかるのに比べ、メガリスは20mgが1錠あたり500円から700円の費用で済みます。
10mgはさらに安価ですので、気軽に購入できるED治療薬として高い人気を集めています。
注意点として、メガリスは先発薬の特許の関係でインド以外の国では正式に認可されていません。
そのため、日本ではクリニックなど正式なルートで購入することが不可能です。
よって、入手するためにはインドで直接購入するか、個人輸入で購入する方法があります。
一般的には個人輸出代行業者などを利用して購入しますが、偽物が混入している可能性もあるので信頼できる業者を選ぶのが重要です。

服用方法は?

メガリスの飲み方としては、服用後の30分から40分で効果が現れるため、性交の30分から1時間前に服用しておくのが理想的です。
ED治療薬は、あくまで性的興奮や性的刺激を受けた際の勃起をスムーズにする作用のため、意思に反して勝手に勃起する心配はありません。
持続性に優れる特徴から、早めに飲んでも問題ない薬です。
食事の影響は受けにくいですが、油分の多い食事や過剰なアルコール摂取により作用が弱まることもあります。
できれば空腹時に服用しておきましょう。
全身の血管が拡張されることで頭痛や顔のほてり、鼻づまりや動悸などが副作用として現れる可能性があります。
副作用の症状や程度は体質によって個人差があり、性交の邪魔にならない軽度の副作用ならば問題ありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です