シアリスのジェネリック、メガリスの価格は

シアリスのジェネリック医薬品メガリス

メガリスはED治療薬のシアリスのジェネリック医薬品です。
シアリスに含まれる有効成分であるタダラフィルは、まだ日本では特許切れにはなっていないためジェネリック医薬品は発売されていませんが、インドでは特許制度の違いからさまざまなジェネリック医薬品が販売されており、そのひとつです。
製造はインドのムンバイにある製薬会社マクローズ社が行っています。

持続時間が長い

メガリスに含まれる成分はシアリスと同様にタダラフィルです。
タダラフィルを服用することで得られる作用としては、勃起障害の原因になる酵素のPDE5を阻害するというものです。
このPDE5を阻害するというのは他のED治療薬でも同じですが、タダラフィルの場合には即効性よりも持続性があるといった違いがあります。
ED治療薬として知られるバイアグラのシルデナフィルやレビトラのバルデナフィルの場合には効果が発現するまで30分から1時間で、持続時間も6時間程度と限られたものですが、シアリスやメガリスに使われているタダラフィルは効果が発現するまで1時間と他のED治療薬とそれほど変わりありませんが持続時間が最大で36時間と長時間です。
またゆるやかなに効果が発現するので副作用のリスクも低いといったメリットがあります。
なお、ED治療薬はあくまでも勃起しやすい状態にするだけであり性的な興奮がなければ勃起することはありません。

メガリスは含有量が10mgと20mgがあります。
見た目はオレンジがかったピンク色の丸い形状をしています。
普段よりも満足のいくセックスを目的とすれば10mg、ED治療を目的とした場合には20mgが効果的です。
価格ではジェネリックということもあって割安です。
シアリスの価格は20mgが1錠あたり2000円程度ですが、メガリスは20mgのものは1錠あたり500円から700円と4分の1です。
10mgであれば500円以下ですが、他のED治療薬同様に20mgのものを購入しピルカッターを使って半分に割って使用するのがより費用を抑えることができます。

個人輸入では信頼できる業者を

一方で手に入れるためには取り扱っているクリニックで処方してもらうか、個人輸入で手に入れることになります。
ED専門クリニックであれば信頼できるルートから手に入れたED治療薬のジェネリック医薬品を手に入れる事ができますが、個人輸入の場合には偽薬が混ざり混んでいる可能性があるので注意が必要です。
最低限、正規品の錠剤の形状やパッケージなどを事前に調べておき、その形であるか確認してから使用する必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です